当サイトは2021年3月1日をもってサービス終了しました。

異常震域とは?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

2019年7月28日早朝の午前3:30ごろ、三重県沖で発生した地震はまさに異常と言えるものであった。

2019年7月28日午前3:31頃、三重県南東部を震源とするM6.5の地震が発生した。震源の深さは420km、最大震度は宮城県丸森町で震度4を観測した。

南海トラフ巨大地震は“通常の震域”で、震源の深さは10km~40km程度とされています。

ではなぜ、三重県沖で発生した地震の最大震度発生地域が遠く離れた宮城県だったのか。これが“異常震域”である。

 

“異常震域”とは?

今回の三重県沖の地震はとても深い場所で発生する“深発地震”と呼ばれるもの。

震源に近い東海や近畿では震度1以下となっているが、関東や東北では強い揺れが到達した。

多くの地震では震央(地震の震源の真上の地点)から円状に揺れの強い地域が分布しますが、今回の地震は震源が深かったことで、地震波が伝わりやすい太平洋プレートに近い地域が大きく揺れる『異常震域』と呼ばれる震度分布となった。

上の画像は2015年に発生した小笠原沖を震源とする地震。この地震も震源の深さがあまりにも深すぎるので全国的に揺れが広がった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました