当サイトは2021年3月1日をもってサービス終了しました。

停電でキャッシュレスは使えるのか?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

詳細

先日13日にアメリカ・ニューヨークのマンハッタンで大規模な停電が数時間発生し、信号や地下鉄が使えない状態になり4万人に影響が出た。

消防によると変電施設からの出荷が原因とみられている。

 

停電時にキャッシュレスは使えるのか?

停電といえば昨年9月6日に発生した北海道胆振東部地震で大規模停電が発生し、クレジットカードやICカードが使えずキャッシュレスの弱さが話題となった。

 

レジが機能停止

停電でレジが使えなくなり、クレジットカードやICカードが使えないと話題になった。クレカやICカードはレジなどの読み取り機に依存しているからだ。読み取る機械がなければ決済はできない。

 

QRコードでの決済は?

ここで疑問になるのはQRコード決済だ。QRコード決済には2種類の決済方法がある。

・上の画像のようにレジなどでスマホに表示したQRコードを読み取って決済する方法

・下の画像のようにレジ横に置かれているQRコードをスマホで読み取る方法

 

前者はコンビニなどで多くみられる。しかし前者のやり方はICカードやクレカのようにレジに依存している。レジがなければ使えないのだ。しかし後者に関してはレジが使えなくても利用は可能だ。スマホがあれば店頭でQRコードを読み取って利用者が金額入力を行なって決済するこの方法は停電だろうと使える。

しかし後者の方法は電化製品などを販売しているビックカメラ系列やヤマダ電機、個人経営店舗などだ。コンビニなどは早さや効率性の観点から前者がほとんど。

 

結局のところ…

結局は災害時や停電時はキャッシュレス決済より現金決済が一番である。しかしレジにお釣りがなければ元も子もない。何が一番なのだろうか。

みなさんの意見もお待ちしております。キャッシュレスがいいのか?現金がいいのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました