当サイトは2021年3月1日をもってサービス終了しました。

新型コロナの経済打撃 各社赤字決算

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナで大きな経済打撃

新型コロナウイルスの感染拡大によって日本では非常事態宣言が全国に発令されました。各地観光名所や宿泊施設、飲食店やレジャー施設は純利益の減少で赤字などを抱える事態になっています。

 

東京ディズニーリゾートは純利益3割減

東京ディズニーランド・ディズニーシーの両園を運営するオリエンタルランドは2020年3月期連結決算は前期比31.1%減の622億円と大幅な減益となった。東京ディズニーランド・ディズニーシー両園の休園が長期化している影響が顕著に現れている。売上高は11.6%減の4644億円、営業利益も25.1%減の968億円と落ち込んだ。両園合わせた入園者数は10.9%減の2901万人と3年ぶりに減少。3000万人を割り込んだのは実に7年ぶりである。

 

日産は11年ぶりに赤字決算

日産自動車は2020年3月期決算の純利益が予想より1500億〜1600億円悪化して1千億円近くの赤字に転落しそうだと発表した。日産の赤字はリーマンショックがあった2009年3月期以来の11年ぶりとのこと。世界販売は初の1千万台割れ。

 

ANAは純利益7割以上減少

ANAホールディングスは2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比75.0%減の276億円だった。売上高は4.1%減の1兆9742億円、営業利益は63.2%減の608億円に落ち込んだ。1月〜3月期に限れば588億円もの赤字となる。

 

JALは65%減益

日本航空は2020年3月期連結決算を400億円少ない530億円に引き下げた前期の1508億円に比べて64.9%の減益となる。売上高は750億円少ない1兆4110億円、営業利益は400億円少ない1000億円となった。

 

JR東日本は32%減

JR東日本は2020年3月期の連結純利益が前期比32.8%減の1984億円だった。純利益3割減は2011年3月期以来9年ぶり。売上高は1.8%減の2兆9466億円。純損益は530億円の赤字だった。

JR北海道は営業赤字426億円、JR東海は売上高1.8%減の1兆8446億円となった。

 

三越伊勢丹は110億円赤字に

三越伊勢丹ホールディングスは2020年3月期の連結純損益が従来予想の70億円の黒字から110億円の赤字になることを発表した。

 

米Googleは利益増

米Googleの持株会社であるアルファベットは2020年1月〜3月期決算の売上高は13%増の411億5900万ドル(約4兆4千億円)だった。純利益は3%増の68億3600万ドル。売上高の約8割を占めるGoogleの広告事業は10%増の377億6300万ドル。主力の検索連動型広告は9%増の245億200万ドル。動画共有サイトYouTubeの広告は33%増の40億3800万ドル。クラウドサービスは52%増の27億7700万ドル。

時事ニュース
スポンサーリンク
一宮悠をフォローする
スポンサーリンク
TechMediaBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました