当サイトは2021年3月1日をもってサービス終了しました。

ドコモ 5Gの商用サービスを25日開始

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NTTドコモが5Gサービス始動

NTTドコモは、5Gサービスを3月25日から提供開始。あわせて5G対応のスマートフォンやモバイルルーター、各種サービスを提供する。料金プランは「5Gギガホ」「5Gギガライト」のふたつとなっている。

 

サービスの周波数帯と利用場所

サービス開始当初はSub-6と呼ばれる低めの周波数帯でのサービスとなり、下り最大3.4Gbps、上り最大182Mbpsとなる。6月以降はより高い周波数である「ミリ波」によるサービスが加わり、下り最大4.1Gbps、上り最大480Mbpsとなる。

 

利用可能な場所

利用できるのは全国150カ所、基地局500カ所となる。2020年6月には全都道府県に導入される。2021年3月末に全指定政令都市に導入し、500都市以上に導入。

 

5Gギガホでキャンペーンで無制限

5Gギガホは100GBで月額7650円(税抜)となっており、えっと接続サービス「spモード」の契約が含まれている。100GBに達すると通信速度は上下3Mbpsになる。4Gギガホより500円高くなっている。

加入すると「データ量無制限キャンペーン」で当面の間、データ通信量が使い放題になる。同キャンペーンは終了時期が決まっておらず、実質的に5Gギガホは無制限になるという。FOMA(3G)エリアでも使い放題になる。テザリングも無制限に利用できる。5Gギガホ割により加入後は最大6カ月間、月額1000円割引が適用される。

 

5Gギガライト

5Gギガライトは2980円~5980円で1GB、3GB、5GB、7GBの4段階制で利用できるプラン。ネット接続サービス「spモード」の契約が含まれる。7GBに達したあと、通信速度は128kbps。上達に達したあとは1GBあたり1000円を追加して通信速度制限を解除できる。

 

ひとりで2台利用で「5Gデータプラス」

「5Gデータプラス」はひとりでスマホとタブレットといった利用スタイルになる場合のオプション。月額1000円で2台目の端末で5G回線が利用できる。利用する際にはペア設定でき、その通信量はユーザーが契約する5G料金プランをシェアする形となる。1台目が5Gギガホの場合は2台目の通信量は30GBまでとなる。

 

海外利用時には制限あり

パケットパック海外オプション利用時で30GBまで利用可能。海外の5Gサービスエリアでローミングは提供されておらず現地ではLTEにつながる。

サービス スマホ
スポンサーリンク
一宮悠をフォローする
スポンサーリンク
TechMediaBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました