当サイトは2021年3月1日をもってサービス終了しました。

Google VS Apple スマホ・パソコン戦国時代

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

GoogleとAppleの共通点とは何か?

GoogleとAppleの共通点とはなんでしょう?
答えはスマホOSがあり、自社スマホOS搭載のスマートフォンを販売しているというところです。
GoogleにはPixelというAndroidOS搭載のGoogleスマートフォンです。
AppleにはiPhoneというiOSを搭載した高価格スマートフォンです。
パソコンでは、GoogleはChromeOS・AppleはMacOS(昔はOSX)を搭載させたパソコンを販売しています。
今回はモバイルOSについてお話しします。
 

Googleの提供するAndroidOSとは?

スマホに搭載されているOSで世界で一番使われているのはGoogleの提供している『AndroidOS』です。
皆さんは知ってると思いますが、AndroidOSが搭載されているスマホのことをAndroidスマートフォンと言います。
そのAndroidスマホは今やiPhoneシリーズ以外がほとんどです。SamsungのGalaxyシリーズ・SONYのXperiaシリーズ・GoogleのPixelシリーズ・HUAWEIのMateシリーズ・SHARPのAQUOSシリーズ・ASUSのZenFoneシリーズなどは全てAndroidOSを搭載したAndroidスマホなんです。GoogleはAndroidOSを他社へ提供しているため、iPhoneシリーズ以外のほとんどで使われているんです。
AndroidOSにはデメリットがあります。それはAndroidOSはメーカー(スマホ販売事業者)によってUI(ユーザーインターフェース)が異なるのでAndroidOSが搭載されていると言っても取り扱い方法が機種によって異なるんです。一貫性がないのでGalaxyやXperiaでは使い方が違ったりします。デメリットとしては他にも、GoogleがAndroidOSの最新版を提供したとしてその最新版OSを各社が導入しなかったり、導入に時間がかかったりします。メーカーが独自機能(ワンセグやおサイフケータイなど)を搭載しているのでそれに適応させたりするので最新版OSにアップデートできるまでに時間かかったりします。また、メーカーによってアップデートをしたりしなかったりするので脆弱性は出てきたり…

iOSは一貫性がある!しかし高価格!

iOSはスマホ開発もOS開発も同じAppleが行なっているので最新版アップデートも早くスムーズですし、iPhoneシリーズ・iPadシリーズは全て一貫性のあるUIになっています。その上、操作性もシンプルなので初心者でも使いやすいのが特徴です。しかし、iPhoneシリーズは高価格なんです。日本ではAndroidとの差がありませんでしたが、最近ではMNO各社が端末代値下げなどをしなくなった影響(詳しくはこちら)で高価格化したiPhoneの売れ行きが不安定なんです。高価格のiPhoneは旧機種のiPhone7や8が人気になる程。ただ、iPhoneはいわゆる『ハイエンドモデル』と呼ばれている高級スマートフォンという位置付けです。その価格差から世界ではAndroidスマートフォンが一番売れています。
 

世界と日本でのスマホOSシェア率

世界ではAndroidOSがトップ

【iPhone VS Android】日本と世界におけるスマホOSのシェア率分析から引用

世界では低価格のAndroidスマホが人気があるんです。Androidの中にはiPhone並みの価格帯のハイエンドモデルもあれば1万円を切るほどの低価格スマホまであるんです。
 

日本のスマホOSシェア率

【iPhone VS Android】日本と世界におけるスマホOSのシェア率分析

日本では今まで、iPhone端末の値下げ競争があったためにシェア率はiOSがトップです。
しかし近年ではiPhoneの値下げが基本的に無くなったことでAndroidOSのシェアが伸び始めています。

OSシェア率は2012年ではそこまで差はありませんでした。しかし徐々にiOSが人気に。しかし2016~2017年の推移を見るとAndroidOSが少しずつ巻き返しているようにも見て取れます。スマホにお金をかけなくなった人たちが格安SIMやAndroidの低価格スマホへと流されているのが原因でしょう。
そして最新情報を調べてみたところ、衝撃事実が発覚しました。

最新版日本のOSシェア比較


こちらの画像通り、AndroidOSのシェアがiOSを上回ってしまいました。かつてはiPhone大国日本と言われ、iOSシェア率は世界1位だった日本もHUAWEIなどの低価格かつ高性能な端末の登場とiPhoneの高価格化で手が届かなくなったのが原因です。

iPhoneの砦はiPhoneSEシリーズ?

iPhoneSEとはiPhone5sほどのサイズの端末にiPhoneハイエンドモデル並みのスペックを搭載させたiPhoneシリーズでも低価格のスマホです。それの最新機種が登場すれば再びiOSが巻き返すかもしれません。

分離プラン導入でますます高価格に

分離方ラン導入が義務化されましたと記事にしました。この分離プランの影響で端末料金の値下げがなくなりので割引のないiPhoneは10万円超の高価格スマホになります。要はAppleストアでSIMフリー版iPhone買うのと同じ価格になるということです。そこでますます低価格スマホや中古スマホ、格安SIMの需要が高まります。Appleは今後の課題『低価格化へ切り込む』必要がありそうです。

スマホ買い換えサイクルが伸びているのも要因

スマホ買い換えサイクルとは、スマホを購入してから買い換えるまでの期間を指します。以前は2年に一度のペースで買い換えする人が多かったですが、今では4年に一度のペースまで落ちているのです。理由としては「まだ現役である」「スマホが高い」など。使えるなら変える必要がないのが今の考え方です。

5G提供開始後は5G対応スマホの需要増

次世代移動通信システムの5Gはスマホの売れ行きを左右する重要な分岐点です。iPhoneXS・XRが売れなかった理由として「高価格」「マイナーチェンジモデル」「来年・再来年の5G対応iPhone待ち」であるとしています。2019年iPhoneは時期的にフルモデルチェンジの端末が出るのが恒例です。Intelは5Gチップの提供は2020年からとしています。Appleが2019年iPhoneにIntel製ではなくQualcomm製に切り替えて5G対応機を2019年発売に間に合わせるのか話題です。日本でも2020年には商用運用開始を発表していますから。2020年ハイエンドモデルは売れるのでしょうか。気になるところです。

コメント

  1. 最新版OSシェアの画像は本当の話ですか?

タイトルとURLをコピーしました