当サイトは2021年3月1日をもってサービス終了しました。

不謹慎な内容のDMが拡散され、炎上

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットモラルとリテラシーの欠如

現在ネットのモラルやリテラシーが重要視されるなか、15歳の少年がDMで東北に関する不適切なメッセージ内容が拡散されて炎上していることが話題です。

 

最初は出会い目的?

福島県在住の17歳少女のTwitterアカウントにダイレクトメッセージが届きました。


15歳少年(以下、少年)は17歳少女(以下、少女)に対してDMで顔写真やLINEの連絡先を要求していました。少女は少年の執拗な要求を断り続けていました。少女は彼氏がいると伝えるも顔がタイプだからとやりとりを強要。

 

しかし急に態度を変えて…

少女が少年に対して年下でいきなりタメ口であることや執拗に連絡先を要求することを指摘すると少年は『東北人に長文送られても何言っているのかわからない』と煽りメッセージ。僕からするとどう見ても標準語で普通の文章なんですよね。その煽りメッセージに対して少女は『なんかあったときのためにスクショとっておきますね』と送ると急に少年は…

『いや、喋り方が東北人』『クソド田舎東北人乙』『若者でも何言っているかわからない』『頭大丈夫かクソ落ちこぼれ放射能雑魚東北人』と不適切な内容を送った。

このメッセージを見るからに頭の弱そうな感じがしますね(笑)。いかにも15歳といった感じでしょうか。

 

その後も誹謗中傷メッセージ連発

少女は『ほーほー言ってくれるね』とさらっとした対応。その後も少年は『日本の廃墟』『日本から見捨てられた過疎地東北』『もう1回津波来て全員死ねやカス』『標準語民の人達から見れば東北人は何言ってるかわからない』と続けて不適切な内容。

この急変には驚きですね。思い通りにいかなくなったから誹謗中傷をたくさん送ってるんでしょうね。必死さが見受けられます。

そして少女は文字でのやり取りがめんどくさくなったのかLINE電話でのやり取りしようとしました。それに対して少年は素直にLINEのQRコードを送ってきたみたいです。しかし拡散目的でのやり取りであるため、文字の方がいいと判断した少女はLINEでのやり取りはやっぱりしないと断ると今度は殺害予告をし始めた少年。

 

少女が『ほんとに15歳?』と問うと少年は『雑魚』『殺すぞ』と殺害予告をしました。少女が『学校行ってるはずだよね?』と聞くと『無期限停学』と回答。


その後も誹謗中傷メッセージに対応する少女。最後にはアカウントのスクショもツイートされていました。

15歳少年のTwitterアカウントを検索すると別のIDが出てきました。年齢も一致しているし、ID変更前も尾崎豊の名前がプロフィールにあったのでほぼ確実に同一人物であると思われます。

アカウントが同一人物であるというのは確定情報ではありません。

 

個人的な意見

その問題のDMのやり取りが拡散され、現在は1.2万RTと2.6万いいねが集まっています。少年のアカウントはIDや名前を変更して鍵かけて見れないようにしています。僕も8年間ほど東北の福島県に住んでいたことがあります。震災も東北で体験しました。福島第一原子力発電所から20km圏内だった僕の居住地域は避難を余儀なくされ、今は関東に住んでいます。東北のことを馬鹿にしていますが、実際に自分の身にふりかかってこんなこと言われたら嫌な気持ちになりますよ。結局、他人事だから言えていることです。福島第一原子力発電所は東北電力ではなく、東京電力が所有していた発電所です。そこで作られた電力は東京などの関東で使われるのが主でした。だから福島第一原子力発電所の機能が停止した震災後に関東では電力不足に陥ってしまって計画停電をしたのです。東北を馬鹿にしている人は身近な友達や家族、家などの財産を失った経験ありますか?何気ない一言で人を傷つけます。たとえネットだとしても。ネットもリアルも言っていいことと悪いことがあります。理解できないならネットを利用する資格はありません。ネットは正しく使える人が活用するものです。間違った使い方をすれば人生が狂う事にもなります。

 

福島、そして東北の皆様

当記事でご不快な思いになってしまわれた方、東北の皆様に心からお詫び申し上げます。このような不謹慎な問題を取り上げたのは私自身が東北に住んでいたこともあり、東北のことが好きだからです。今も年に1回は東北の方に行っています。福島県の凍天は美味しかったです。凍天を提供していた木乃幡は倒産してしまいましたが、復活すれば是非また食べに行きたいです。

そしてこのようなネットの不適切な発言は見逃すわけにもいきません。ですので今回は記事にさせていただきました。何か記事で問題があれば訂正いたします。また、ツイートのご本人様に記事削除の依頼があればそれに従って削除いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました